素人にありがちなフリマアプリで出品しても売れない5つの原因と対策

フリマで中古商品が売れない人

メルカリ、フリル、LINEモールなど様々なフリマアプリが誕生したおかげで、これまで業者の専売特許だった販売が個人でもできるようになってきました。

しかしそれは「可能になった」というだけの話。

出品したけど全然売れないという人が非常に多いようなので、

  • どうして売れないのか?
  • どうしたら売れるようになるのか?
  • その他の方法はないのか?

について解説していきます。

スポンサーリンク

主な売れない原因

1.値段が高い

値段が高いと当然ながら売れません。

その他の条件によって多少変わりますが、同じ商品で同じような程度の物が1000円と2000円で出品されているとして、2000円を選ぶ人などほとんどいません。

出品する前に、その品物はいくらくらいで取り引きされているのか他出品者の価格をチェックしておく必要があります。

また、インターネット相場が5万円するものを3万円で出品しても売れなかったりします。
それはフリマアプリを頻繁に使うユーザー層に秘密があります。

スマホでフリマアプリを良く見る層は、中高生(特に女子)、主婦(特に20~30代)がメインです。

お小遣いやバイト代では相場より安い物だったとしても、高くて手が出ないんですよね。

その2点は気をつけて値段設定しましょう。

対策まとめ
・他出品者の価格を見て値段調節する。
・数万円するような高額商品を買う人がほとんどいない。

2.タイトルがわかりづらい

時々初心者さんでいらっしゃいます。
検索しても商品が出てこない人(笑)

例えばiPhone6ケースを売っているとして、タイトルが
「美品☆iPhone6が見違えて可愛くなります!」
みたいな。

その商品が欲しい人は「iPhone6 ケース」とかで検索します。
このタイトルだと検索した時にヒットしないんですよね。

もちろん画像を見ればケースとわかるのですが、そもそも人の目に触れない。

これではたまたま見た人しか買いません。

自分が出品したものを欲しい人はどうやって検索するかを想像し、その言葉を必ずタイトル内に入れておく必要があります。

対策まとめ
・自分ならその商品が欲しい時どういう言葉で検索するか考える。
・考えた言葉を必ずタイトルに含める。

3.説明文足らず

出品者は
「わからないことがあれば聞いてくれるだろう」
と軽く考えていたりするものですが、購入者は
「よくわからないし・・・まぁいいや」
となるものです。

出品者にとっては貴重な思い入れのある品物でも、購入者には無数にある商品の中のひとつでしかなく、その思いのギャップで説明文足らずということが起こる場合があります。

「まぁいいや」と思われないよう、しっかりと説明文で詳細を記入しておきましょう。

10人が読んで、10人とも質問することがないというくらいにまで書き込んでおくのが理想です。

そこまでやっても人が変わり思考が変わると疑問点は出てくるものです。

対策まとめ
商品説明は「これ読んで質問できるもんならしてみろ!」くらいの気持ちで細かく書く。
よっぽど興味ある一部の人しか質問してまで買いません。
スポンサーリンク

4.画像が悪い

インターネットショッピングの場合、商品のイメージは画像で決まります。

最低限見栄えの良い、わかりやすい画像を撮影することが大切です。

具体的には

  • 明るいところ(太陽光の下がベスト)で撮る。
  • 背景をゴチャゴチャさせない。(綺麗な一枚板やシーツの上で撮る)
  • 傷など理解しておいてほしい部分は拡大する。
  • 全体図が見えるサイズ・角度にする。

などでしょうか。

対策まとめ
上記事項をチェックしつつ、魅力的でわかりやすい画像を撮る。
画像枚数は可能な限り使う。

5.プローフィール・評価がダメ

商品を購入する前に、プローフィールや評価を確認する人は非常に多いです。

特にオークションやフリマ慣れしている人は、ほぼ全員が購入を決める前に見ているのではないでしょうか。

どんなに良い商品でも、トラブルになりそうな人や気持よく購入できなさそうな人、最悪詐欺的なことをしそうな人からは買いたくないですよね。

ネットでは実際に会うことはできないので、それを判断するのがプローフィールや評価になります。

良い評価ばかりになれば、ぶっちゃけプロフィールなんてなくても良いくらいですが(笑)まだ評価のない内はプロフィールで勝負するしかありません。

  • どうしてフリマアプリを使っているのか。
  • どういう思いで出品しているのか。

出来る限り丁寧に書きましょう。

親しみやすいよう、記号や顔文字を使うことも有効です。

対策まとめ
評価がたまるまではプロフィールで人となりをアピールする。
お顔文字などで多少砕けていた方が親近感を持ってもらいやすい。

6.蛇足

そもそもですが、フリマ出品初心者の方は出品したものが全て売れるはずと思っている人も少なくないようです。

もちろん原因と対策をしっかりとした上で、相場なんて無視した激安価格で出品すればほぼ売れます(笑)

ですがフリマ相場で販売しようとすると、全て売れるなんていうことはありません。
私の経験上の感覚でいうと、40%売れれば御の字です。

売れ残ったものは時間を置いて再出品するか、販売するアプリを変更するか、以下「どうしても難しい場合」に書いてあるように業者に引き取ってもらうか、再度販売することを考えなくてはいけません。

スポンサーリンク

どうしても難しい場合

基本的にはフリマで売れない原因は上記5つです。

この部分をしっかりとチェックし、適切に出品していれば売れていきます。

しかし「私にはやっぱり無理だ・・・」という方もいることでしょう。

そういった場合には、買取業者に依頼するのも1つの手です。

買取市場が熱い!中古不用品を高値で買い取りしてくれるオススメ会社比較
中古品買取というと、安値で買い叩かれるイメージ。 ではないでしょうか? そのイメージは正解で、実際に不要になった中古品を街のリサイク...

自分で出品する楽しみが欲しい方にはオススメできませんが、
「出品したり梱包したり配送するのが面倒!」
という方には非常にオススメな方法です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)