シェアする

より安くより良い物を!メルカリ購入方法と5つのコツ

スマホを操作する男性の手

日本最大手フリマアプリになったメルカリでは、新品からゴミのようなものまで本当に色んなものが出品されています。

アプリやWEBに慣れている方だったら感覚的に使えるようになっていますが、人によっては難しく感じる部分もあるでしょう。

ここでは上手に購入する方法や購入のコツについて解説します。

まだインストールしていない方はこちらからどうぞ。

メルカリインストール

会員登録時に招待コードを入力することで、あなたと私両方に300ポイント(300円分)加算されます。よかったらお使いください。

招待コード:TCYGQK

スポンサーリンク

欲しい商品を探す

まずは欲しいと思える商品を見つけないことには始まりません。

メルカリに備わった機能をフル活用し、あなたが欲しくなる商品を見つけてみてください。

トップページから探す

メルカリアプリを開くと、トップページにずらーっと商品が並んでいます。

これは基本的には出品された順になっているので、出品されたばかりの物です。

正直トップページは暇つぶしに見る程度で、ここから商品を見つけて購入するということはまずないでしょう。

メルカリトップページ

また、上部タブをスライドすることで、以下カテゴリ毎商品に絞ることができます。

  • すべて
  • レディース
  • ベビー・キッズ
  • インテリア・雑貨
  • コスメ・美容
  • ハンドメイド
  • チケット
  • 自転車・オートバイ
  • スポーツ・レジャー
  • 家電・スマホ・カメラ
  • エンタメ
  • メンズ
  • 特集

こちらも暇つぶしにしか使えないでしょうが(笑)

カテゴリーから探す

カテゴリーから探す方法は、欲しい物がハッキリと決まってない場合に有用です。

かなり細かくカテゴリ分けされていますので、見ていると面白い商品などが見つかることもあります。

まずは上部虫眼鏡マークをタップ。

画面上部の虫眼鏡マーク

すると最上部に「カテゴリーからさがす」という項目があるのでそちらをタップ。

あとは気になる項目のタップを繰り返し、1番詳細なカテゴリーになると商品が新しい順に表示されます。

ブランドから探す

基本的には「カテゴリーからさがす」と同じ。

虫眼鏡マークタップ後、上から2番目に表示されています。

ブランドからさがす

かなりの数のブランド名が表示されるので、その中からお好きなブランド名をタップすれば、やはり新しい順に一覧表示されます。

検索で探す

おそらく1番メインで利用するのがこちらの方法。

ある程度欲しい物が決まっている時は、検索機能を駆使して商品を探しましょう。

虫眼鏡マークをタップして、最上部「キーワードからさがす」と書かれた検索窓に欲しい商品の名前などを入れて検索します。

この時のコツは、できるだけ短い単語を入れること。(複数単語の場合はスペースを入れる)

間違っても文章などを入れて検索しても商品は見つかりません。

並べ替え・詳細検索

商品を探す時に必ず活用してほしいのが「並べ替え・詳細検索」の2つの機能。

  • カテゴリーから探す
  • ブランドから探す
  • 検索で探す

どの方法でも利用できる機能で、これを活用することでストレスなくお目当ての商品を見つけることができるようになります。

並べ替え検索

並べ替えでは

  • 新しい順(デフォルトはコレ)
  • 価格の安い順
  • 価格の高い順
  • いいね!順

の4つがあり、見つけたい商品によってご希望のソートが可能です。

が、私はこれはあまり使いません(笑)

詳細検索入力欄

詳細検索は非常に有用で、欲しい商品をピンポイントで見つける時には欠かせない機能です。

どれも必要な項目ですが、中でもよく使うのが「価格」「販売状況」でしょうか。

メルカリで買いたい商品を探す上で、とにかく鬱陶しいのが売り切れ商品。どうしてこの表示をなくさないのか不満に思う人も多いのでは?

販売状況で「販売中」にチェックを入れることで、売り切れている商品は表示されなくなるので、売り切れ商品にイライラすることはなくなります。

『価格』は何円~何円という風に決めれるため、予算に合わせた商品検索が可能。

片方だけ入力すると、入力されていない方は無限になるので、「2000円以下で探したい」みたいな時にはMaxに「2000」とだけ入力すればOKです。

購入前のチェック項目

欲しい商品が見つかれば、早速購入・・・となりそうですが、その前にいくつかチェックしておきましょう。

購入前の一手間を加えることで、後々トラブルになったりすることを未然に防ぐことが出来ます。

送料負担はどちらか

送料負担は出品者か購入者か、つい見落としてしまいがちな部分ですので、最後に確認しましょう。

商品説明文の「配送料の負担」という部分を見てもわかるのですが、商品ページ最下部の価格横を見るのが1番手っ取り早く確認できます。

送料込み

画像のように「送料込み」という記述があれば出品者負担となります。

プロフィールの確認

購入前に、私は必ずプロフィールを確認するようにしています。

メルカリルールには反するのですが、購入する際にコメントなどをプロフィールの中で求めている人もいらっしゃいます。

その場合にはトラブル防止の為、一応コメントするようにしましょう。

また出品者の評価も確認しておくべきです。

評価が悪い人は何か理由があるので、そのまま購入するとトラブルも起こりやすいですし、商品に不備があったりと満足のいく取引でなかったりします。

私は悪い評価が多めな人の場合、よほど安いか他で売っていないような時以外は購入を控えるようにしています。

スポンサーリンク

購入方法

購入することが決まれば、あとは購入です。

商品ページ下部にある「購入手続きへ」をタップし、

  • ポイントを使用
  • 売上金を使用
  • 支払い方法

を必要であれば選び、配送先などの内容を確認して「購入する」をタップするだけ

ただより安く、スムーズに購入するためにはいくつかコツがあります。

値引き交渉

メルカリは結構な確率で値引き交渉に応じてくれる出品者さんがいます。

「もう少し安かったら・・・」という時には積極的に値引き交渉してみましょう。

その時のコツとしては

  • こちらから具体的な価格を提示する。
  • 値切りすぎない。
  • 交渉中に他の人に購入される可能性を考えておく。

といったところでしょうか。

出品者としては「少し値引きできませんか?」というのが本当に困ります(笑)

本心を言えば1円も値引きしたくないため、出品者から価格を提示する場合はほとんど値引きは期待できないと考えて良いでしょう。

「2000円ということですが、1800円にすることは難しいでしょうか?」などと具体的な数字を言われれば「まぁそれくらいなら・・・」となってしまうもんなんです。

しかしここで、大きな値引きはしないように。

普通1000円で売っても良いと考えているものを2000円で出品したりはしません。

そのような場合はまず断られますし、無視されても当然です。

また、その後のやり取りで価格が落ち着き購入できたとしても、最初から気分が害されている出品者はその人に良い評価なんてしたくなくなるでしょう。

つい大幅な値切りをしてしまう人は、お互いにとって良い取引でなくてはいけないということを肝に銘じましょう。

商品の横取り・独り占め

そして値引き交渉をしているとよくあることですが、いわゆる横取りの可能性が一気に高まります。

その商品をチェックしている他の人が交渉を見て急いで購入する場合もありますし、安くなったタイミングで横取りされることもあります。

しかしそれはメルカリも認めている行為で、ハッキリ言ってしまえば交渉なんてしていた人の責任なので、どうにもなりません。

品薄だったり人気な商品の場合は、下手に割引を考えない方が良い場合もあります。

配送時間などの事前確認

商品説明文の中で「発送までの日数」が書かれていたりしますが、これは経験上ほとんど宛になりません。

メルカリは個人出品者がほとんどだということもあり、その時々によって用事などで状況は変わります。

いつ届くのか気にする方は、購入前にコメントで「発送はいつになりますか?」と質問しておきましょう。

購入後にすること

購入したら、あとは発送待ちです。

「短い間ですが、よろしくお願いします。」などとメッセージしておくとお互い気持ちのよい取引ができるでしょう。

購入後の流れはこのようになります。

  1. 発送連絡(出品者から)
  2. 追跡番号の連絡・確認(配送方法による)
  3. 到着したら現物確認
  4. 評価(購入者)
  5. 評価(出品者)

発送連絡

取引が成立したら、出品者は速やかに発送手続きを取り、発送が完了したらその連絡をメルカリの機能で通知します。

ここまでくれば、トラブルがない限り商品到着まであと少しです。

追跡番号の連絡・確認

メルカリ便の場合、自動で数時間後に追跡番号が表示されるようになります。

その他の配送方法の場合は、出品者に追跡番号を確認しておきましょう。

しかし定形外郵便のように追跡番号がない配送もありますので、その場合は追跡番号で商品の配送状況を確認することは出来ません。

メルカリ便・クロネコヤマト荷物追跡

郵便局配送荷物追跡

はこBOON荷物追跡

佐川急便荷物追跡

到着したら現物確認

商品が到着したら、必ずすぐに商品の確認をしましょう。評価が遅くなると相手方も不安になり、低評価をもらう原因になります。

ここでわからなかったものについては、原則自己責任となります。

予期せぬ汚れ・故障はないか、隅々までチェックしましょう。

何かあれば出品者様に連絡し、話し合って解決策を探ります。

評価(購入者)

商品を確認したら、出品者さんを評価しなくてはいけません。

余程のことがない限り、『良い』という評価でOKです。

とても『良い』とは言い難いことがあれば『普通』。二度と連絡すらしたくないと思うようなことがあれば『悪い』でも良いでしょう。

評価(出品者)

最後に出品者様から評価がきます。

こちらは自分のプロフィール欄からどういった評価をされたのか確認できます。

購入のコツまとめ

  • 商品を探す時は「詳細検索」を活用する。
  • 商品情報だけでなく、プロフィールや評価も確認する。
  • 値引き交渉は状況によって。相手の気持ちも考える。
  • 配送など気になることは、購入前に聞いておく。
  • 商品到着後は速やかに商品確認。

最初は考えることも多いかもしれませんが、何回か購入すれば慣れてきて難しいことはなくなるでしょう。

トラブルなく、満足のいく購入をして、メルカリを思う存分楽しんでください♪

全てを網羅!初心者に優しいメルカリの使い方記事まとめ
全てを網羅!初心者に優しいメルカリの使い方記事まとめ
メルカリで購入・販売したいけどよくわからないという人 メルカリを使っている中で疑問点が生まれた人 もっと賢くメルカリ...
スポンサーリンク