オヤジ臭?40超えたら知っておきたい加齢臭対策と予防方法

臭くて鼻を摘む男性

臭い人を好きな人なんていないでしょう。

中には「好きな人の体臭なら全然OK」という人もいますが、よくよく聞いていくとそれにも限度があります。

体臭の中でも悩んでいる人が多く、解決しにくいものに『加齢臭』があります。

昔はいわゆる”おじさんの臭い(オヤジ臭)”とされていましたが、最近では女性でも加齢臭に悩む人が後を絶たないのだとか。

また加齢臭をはじめとする体臭は、自分では気付きにくいという特徴もあり、気付いた時には・・・。

今はまだ大丈夫だとしても、知らない内に加齢臭を発しているという人も多いようなので、他人事だとは思わず、40代を過ぎると意識して対策しておきたいものです。

加齢臭の原因!加齢臭とは何なのか

Wikipediaにはこのように書いてあります。

加齢臭(かれいしゅう)は、主に中年以降の男女にみられる特有の体臭の俗称。

加齢臭を発生させる成分は主に

  • ノネナール
  • ペラルゴン酸
  • ジアセチル

の3つとされ、老化による体臭として現れます。

個人差があり、人によっては30代から加齢臭がすることもあるようなので、「若い時には臭くなかったのに」という場合には加齢臭を疑う必要がありそうです。

体臭は自分では常に嗅いでいるため、鼻が麻痺して自覚するのが難しいので、気になる場合は言い難いことも言ってくれる身近な人に聞いて見ると良いでしょう。

効果抜群の加齢臭対策

基本となる対策は「常に身体を清潔に保つ」ことです。

毎日お風呂で全身の汗を流し、皮脂を取り除き、清潔であるよう心がけましょう。

軽度な加齢臭だったら、本当にこれだけでかなり改善されたりしますので(笑)

石鹸・ボディソープ

臭いの強い方の場合は、一般的な石鹸・ボディソープでは落としきれない場合もありますので、毎日体を洗っていても加齢臭がする方は、加齢臭に特化したボディソープを利用することでかなり軽減されます。

加齢臭対策ソープ クレイブ

クレイブは体臭の中の刺激臭を落とすことに特化して開発されていて、刺激的な体臭の代表であるワキガですら効果を発揮する優れもの。

まずは普通の石鹸で清潔を心がけ、それでも対策出来ないようならクレイブを試してみることをオススメします。

身体を洗う時のコツとしては、あまりゴシゴシとこすり過ぎないこと。

その場ではよく洗った方が効果はあるのですが、古くない皮脂まで無理矢理こすり落とすことで、身体はどんどん新しい皮脂を作り出そうとし始めます。

その結果長期的に見ると、ゴシゴシ洗いは加齢臭を悪化させる原因にもなりかねないのです。

肌に優しい強さで、定期的に、すみずみまで洗うということを心がけましょう。

サプリメント

加齢臭の原因は、刺激臭のある物質が体内から排出されることです。

これに関しては異存はないと思います。

そのため加齢臭対策を考える上で取れる方法は

  • 加齢臭の元になる物質を定期的に洗い流す。
  • 加齢臭の元になる物質を作らないようにする。

というたった2つなんです。

「加齢臭の元になる物質を作らないようにする」ことができれば理想的なのですが、実はこれはある程度は可能。

肉を好む人は体臭が強くなるということは有名ですが、これと同じように飲食するものを変えることで加齢臭も大きな影響を受けます。

加齢臭の元を作りやすい食品

動物性脂肪の多い食品

油の多い食品

加齢臭の元を作りにくい食品

抗酸化物質の多い食品

抗酸化物質とは、ビタミンなどのことで野菜などに多く含まれます。

つまり食生活を野菜中心にすることで、加齢臭はある程度予防することが可能なのです。

しかし生活リズムや仕事など、食生活を正そうとしても簡単ではありません。

そういう方にオススメなのがサプリメント。

メンズデオ7200などはお手軽に摂取することができ、効果もかなり期待できます。

メンズデオパッケージ画像

私の場合は加齢臭ではないのですが、ストレスや疲れで胃を悪くして口臭が少ししていたのですが、飲み続けることでそれはなくなりました。
(臭わなくなったと言われました)

メンズデオ7200の中身

メンズデオを飲み続けて加齢臭がほとんどなくなったという方も多いようなので、食生活での改善が難しい人は試してみる価値アリです。

メンズデオ7200公式通販サイト

臭う前に予防する方法

加齢臭はまだしていないけど、絶対に予防したい!

という方もいらっしゃるかと思います。

その方法はシンプルで、加齢臭対策と同じです(笑)

常に身体を清潔に保ちつつ、野菜中心の食生活にする。これでかなりの予防効果が期待できます。

それ以外には

  • 規則正しい睡眠
  • 週2回程度の有酸素運動
  • 喫煙をやめる(禁煙する)
  • ストレスを溜め込まない

といったことを意識して行いましょう。

ご覧の通り健康的な生活が予防に繋がるので、これを機会に健康的な生活に取り組んでみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)