【無料11選】スマホ最適化WordPress日本語テンプレート(テーマ)

当サイト「ボッチスト」はWordPressにて制作・運営しています。

私はその他にも複数サイトを運営しているのですが、半分くらいはWordPressで作ってます。

スポンサーリンク

WordPressとは

この記事を読んでくれている人のほとんどはWordPressを知っているのではないかと思うので、WordPressを知らない人用にザックリと説明します。

「知ってるよー」という人は読み飛ばしてください。

昔のホームページは全て、パソコン上でHTMLやCSSというものを書いて、そのデータをサーバーにアップして作っていました。
(もちろん今でもありますが)

そこに「aaaa.com」みたいなドメインと呼ばれるものを紐付けて完成ですね。

「ドメイン=サイト住所、サーバー=サイトの家」

といったイメージでしょうか。

編集する場合には、

「PC上で作成→アップロード」

という流れになります。

しかしWordPressはCMSというWEBサービスの1つでして、無償で提供されているWordPressというやつをサーバーに設置し、そこにアクセスしてオンラインでサイト作成や編集を行います。

またWordPressはphpによって作られており、・・・ザックリじゃなくなってきたので割愛します(笑)

普通WordPressはテーマと呼ばれるテンプレートを組み込んで作ります。

有料だと色々良いものもあるのですが、無料だとなかなか良いのが見つからないんですよね(´・д・`)

ですのでこの記事では、私が独断で「これいい!」と思うものを紹介します。

よかったらブクマ&シェアお願いしますね♪

無料テーマ

無料テーマには基本的にフッターなどに著作権表示やリンクが付いています。

その扱いについてはそれぞれの規約によるのですが、できる限り無料配布してくださっている製作者さんに感謝し、外さないようにしましょう。

ここでご紹介するものは全てレスポンシブなどでスマホに最適化された日本語テーマです。

紹介するための縛りは以下の通り。

  • 無料配布
  • スマホ最適化(レスポンシブ)
  • 日本語
スポンサーリンク

1.Simplicity

このサイトもそうですし、その他のサイトでもお世話になっていますm(_ _)m

今私が一番オススメするブログテンプレートです。

  • デフォルトで内部SEOもしっかりしていて、難しい設定も皆無。
  • ソーシャルメディアへの拡散ボタンや紐付けなども、がっちり。
  • アドセンスなどの広告配置も至れり尽せり。
  • カスタマイズにしても掲示板で受け答えしてくれる優しさ。
  • スマホ対応も完璧。(このサイトをスマホで見てみてください)

例え有料でもオススメする無料テーマです。

WordPressテンプレートに迷ったら
「そうだ、Simplicityにしよう!」
でOKです。

Simplicity公式サイト

→ Simplicity公式サイト

2.STINGER5

元祖無料テンプレートの王様!?

元祖と言っても古いわけではなく、今でもどんどんアップグレードされています。

有名ブロガーさんのテーマを調べてみると、かなりの確率でSTINGERだったりします(笑)

STINGERは5だけではなく、数種類が公開されているので、お好みがあれば5にこだわることもないのかもしれません。

私はテーマの相談をされてSimplicityが嫌だという人には、次にこれをススメます。

STINGER5公式サイト

→ STINGER5公式サイト

3.FREEDOM

オウンドメディア構築用の無料ワードプレステーマ。

公開されたばかりでまだまだ無名なテーマだが、初心者でも取っ付きやすく、プロでも満足できるカスタマイズ性が素晴らしい。

  • NASA(アメリカ航空宇宙局)でも使われるBootstrapというcssフレームワークを使用。
  • 開発者向けにSCSSファイルも同梱

など、WP熟練者が興味をそそられる機能性もあり、今後大きく注目されるテーマになるのではないかと感じる。

FREEDOMテーマイメージ

→ FREEDOM公式サイト

4.Xeory

サイト制作をする人なら一度はお目にかかったことがあるであろう超有名サイト『バズ部』。

そのバズ部が無料で公開しているWordPressテーマは2つ。

1つは企業サイトにも使えるXeory Extension。

Xeory Extensionイメージ

もう1つはシンプルで使いやすいブログテーマのXeory Base。

Xeory Baseイメージ

→ Xeory公式サイト

5.テンプレートキング

昔からある有名なテンプレートサイトが時代の流れに付いてこれていない一方で、ここはさすがです。

老舗のテンプレート無料配布サイトで、レスポンシブ対応テーマを15種類も取り扱っています。

企業やお店の公式サイトを意識したデザインが多いのが特徴です。

テンプレートキングイメージ

→ テンプレートキング公式サイト

6.クールでかっこいいWordPressテーマ

利用者が少ないのか、あまり見かけないデザイン。

テーマカスタマイズをする知識はないけど、あまり人と被りたくないといった人には最適かもしれません。

個人的には結構好きです。

クールでかっこいいWordPressテーマスクショ

→ クールでかっこいいWordPressテーマ公式サイト

7.Gush

玄人好みのカスタマイズ前提仕様。

非常にシンプルでわかりやすい作りなため、カスタマイズで自分好みのテーマを作っていきたいという方の好物っぽいテーマ。

WordPress運営を通してphpやcssを勉強したいといった方にもオススメです。

gushトップ画像

→ Gush公式サイト
→ Gush2公式サイト

8.Shotoku

HTML5ギャラリーサイト用テーマ。

制作者様はまだ未完成だということでβ版と位置付けているようですが、十分素晴らしいテーマです。

画像コンテンツをメインにしたサイトを作りたいのであれば、テーブルに載せるべきテーマです。

shotokuDEMOスクリーンショット

→ shotoku公式サイト

9.BizVektor(ビズベクトル)

オーソドックスな企業サイトをイメージしたデザインのテーマ。

カスタマイズ機能、SNS連携、内部SEOなどの機能もテーマについており、ビジネスシーンで活躍することの多そうなテンプレートではないでしょうか。

BizVektor(ビズベクトル)DEMO

→ BizVektor(ビズベクトル)公式サイト

10.小粋空間

昔の主流で、今ではあまり見かけなくなった3カラムテンプレート。

小粋空間では3カラムのレスポンシブウェブデザインテーマを無料で配布しています。
(1~2カラムへの変更も可能)

小粋空間テンプレートイメージ

→ 小粋空間公式サイト

11.Principle

プラグインなしでテーマの機能だけでも最低限のことは揃っています。

個人的にはデザイン部分があまり好きではないのですが、そこを除けば「Simplicity」「STINGER」と並んでオススメしたいブログテーマです。

ですのでデザインが好きでしたら、とりあえずインストールすることをオススメします。

Principle公式配布サイト

→ Principle公式ページ

WSC7(停止中)

非常にシンプルで軽いテーマ。

ゴリゴリカスタマイズしたい人などによいのではないでしょうか。

ダウンロード場所はヘッダー右 or サイドバーにある「ダウンロード」です。

WSC7公式ページ

→ WSC7公式サイト(配布停止中)

まとめ

便利なもので、無料でこんなにも素晴らしいテーマを配布してくれている人や会社が沢山あります。

感謝感激雨あられですね。

ですが無料配布テーマは汎用性を考えて、カスタマイズありきで考えられていたりすることが多いようです。

ヘッダー画像や配色を変更するだけでも随分印象が変わったりしますので、勉強しつつイジってみましょう。

面白い、役立ったなどと感じていただけましたら、ブックマークや拡散していただけますと、今後の運営の励みになり嬉しいです♪

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)