シェアする

どうして定額で借り放題?メチャカリの仕組み・システムは思いもよらないものだった件

スマホで大量の買い物を楽しむ女の子

欅坂46のCMで一気に知名度を得たメチャカリですが、その仕組について知る人はほとんどいない・・・。

サービス内容だけを知ると
「え?こんなサービスして、メチャカリさんやっていけるの?」
と無粋な心配をしちゃいます。

中には「何か裏があるのかな?」と勘ぐってしまう人もいるでしょう。

はい、私です(笑)

ということで、メチャカリの仕組み・システムについて調査し、わかりやすく解説してみます。

運営が心配になるメチャカリ過剰サービス

忙しくて手が増えた女性スタッフ

まずはメチャカリがどういったサービスなのか知らないと話になりません。

そこからお勉強しましょう。

(知っている人も復習のつもりで読んでね)

メチャカリサービス内容

メチャカリがどんなものなのか、わかりやすくまとめるとこうなります。

  • 月額5,800円
  • 何度でも洋服の交換可能(返却時は手数料380円/1回)
  • 全てタグ付きの新品商品
  • 60日間借りた服はもらえる
  • 気に入った服は、割引価格での購入も可能
  • 1度に借りておける服は3点まで
  • 返却時にはクリーニングなどしなくても良い
  • 3点で足りない場合は上位プランもあり
  • モデルの着用例があり、コーディネートのイメージをしやすい

かなりお得感満載ですよね。

特に赤字で書いた部分は、「え?そんなことして大丈夫なの?」と心配になる部分です(笑)

この辺の仕組みがわからないと、何か不安になっちゃいます…。

「絶対メチャカリ損するじゃん!裏があるんでしょ!」
と思わなくても良いように、調べてみました。

メチャカリの仕組み・システム

仕組み・システムを暗示するジグソーパズル

色々と無粋な心配をしてしまう、メチャカリのやり過ぎ感てんこ盛りサービス。

でも調べてみると、そんな心配はしなくても大丈夫そうです。

どういう仕組みでメチャカリは運営されているのか。

1つ1つ説明しますね。

メチャカリは赤字でも構わない!?

いきなり破壊力がある見出しですよね。
ちょっと誇張しています(笑)

メチャカリが作られた背景として、若年層のファッション離れが問題視されているということがあるそうです。

若者が洋服などのファッションに使うお金は年々少なくなり、10年前の半分近くに落ち込んでいるというデータがあります。

これはファンション業界全体として由々しき事態。

そこで、気軽にファンションを楽しんでもらって、もっと洋服に興味を持ってもらおうという目的がメチャカリにはあるんです。

もちろん黒字化するに越したことはないですが、現状ではメチャカリは赤字運営のようです。

まさかそんな大義があったなんて。

返却された服はアウトレットとして販売

メチャカリでレンタルに使用された服は、全てアウトレット商品として販売されます。

新品と比べると販売価格は安くなりますが、長くても2ヶ月ほどの使用なので状態はかなり良好ですよね。

自社販路も持っているので、状態が良ければコストも掛からず、それなりの値段で売れるというわけ。

メチャカリで使用された服はココ

メチャカリでレンタルされてアウトレットになった服は、「ZOZOUSED」「STRIPE CLUB(ストライプクラブ)」で販売されています。

お得に服を購入したいという人にはアリですね。

洋服1点あたりの利益は確実に下がるでしょうが、代わりにメチャカリ登録によって毎月安定した月額費用が入金されます。

利益率を落として、数で勝負といった考えなのでしょうね。

60日レンタルした服をあげても大丈夫?

メチャカリの凄いシステムとして「60日間借りた服はもらえる」というのがあります。

メチャカリでレンタルできる商品は非常に多いのですが、中には1万円を超える高額商品もあります。

つまり、12,000円の商品を3つレンタルしてもらってしまえば36,000円の商品がたったの1,1600円で買えるということ。

なんて衝撃的な投げ売りなんでしょう(笑)

ただ、メチャカリで借りることができる服の価格帯は広く、必ずしもそうはならないようです。(私なら高額商品ばかりもらいますがw)

「気に入れば、値段とか気にせずそのままもらう」という人もかなりいるようで、全体のバランスとしては、そんなに損をしているということもないようですよ。

クリーニングせず脱いだまま返却とか、さすがにやばいでしょ

普通レンタルしたらクリーニングして返すのは常識ですよね?

でもそれがなかなか面倒くさい。

そこでメチャカリは「クリーニングなんてしなくてOKですよ♪」なんて言い出したわけです。

バカかと。

商品にもよりますが、クリーニングって安いものではないですよね。

1点数百円かかるのが普通で、ただでさえ安いサービスなのに毎回それを負担するわけです。

ただ調べたところ、メチャカリを運営しているストライプインターナショナルは、宅配クリーニングも事業として行っているようでした。

つまり、自社内にクリーニング設備があるということ。

それなら物凄く安い費用で綺麗にできますよね。

知れば知るほどよくできた仕組みですねぇ。

無理矢理にでもアラ探ししたい心境になります(笑)

まとめ

どういうシステムを使って、メチャカリの仕組みは回っているのか。
ご理解いただけましたか?

記事としては、もっとツッコミどころが欲しかったのですが、よくできた仕組みでした(笑)

今メチャカリではキャンペーンをしているので、まだ使ったことがない人はキャンペーン終了する前に使ってみるのも良いと思いますよ。

メチャカリ1ヶ月無料キャンペーン

メチャカリインストール

こちらの、メチャカリサービスについて切り込んだ記事もよかったらご覧ください。

【口コミ】メチャカリの評判・感想まとめ!利用価値はあるのか?
【口コミ】メチャカリの評判・感想まとめ!利用価値はあるのか?
メチャカリというのは、月額定額で洋服をレンタルしまくれるアプリ。 色んな服を借りれるということで、飽き性なファッション女子に支...