初心者だからこそ学習塾経営?独立の入り口に塾開業はアリかもしれない話

勉強をする真面目そうな女子高生

自分で色んな商売をしていたら類は友を呼ぶわけで、私の仲の良い友人は頭のおかしい変わり者が多いので、面白い話が聞けることがあります。

その中で先日聞いたのが「学習塾の運営はどうやら儲かるらしい」というもの。

その友人の知り合いの学習塾経営者は、開業5年で年収1億円近い収入なのだとか。

なんとも羨ましい話です。

ただ、私には学習塾経営が儲かりやすいビジネスモデルだとはどうしても思えなかったんです。

というのも、日本人なら誰でも知っているくらい日本は少子化の一途ですし、子供をターゲットにしたビジネスは縮小傾向にあるのは明白。

生き残りをかけた白熱バトルにわざわざ参戦する必要はないだろうと思っていました。

でもどうやら、そうではないらしい。

ってことを情報としてシェアさせていただきます。

人数が減っても子供への投資額は増えている?

ご存知のように日本の児童は年々減少傾向にあります。

当然児童をターゲットにした市場は年々縮小・・・してないんです!
むしろ微妙に拡大してる!?

学習塾の年度別市場規模がこちらです。

年度別学習塾市場規模棒グラフ

ちょっと意外じゃないですか?(縦軸は「億円」です。付け忘れました・・・)
私は意外でした。

グラフから読み取れるように、少子化にも関わらず子供の塾費用への投資は積極的になっていっています。

いや、少子化だからでしょうか。

少しでも良い学校へ行って将来に備えてほしいという親御さんの気持ちが強くなってきているのかもしれません。

学習塾勢力図の変化

微増だから既存の大手が市場を独占したままなのか・・・といえば、そうではありません。

ユーザーの学習塾に対するニーズが変化していて、市場の動向は非常に面白い動きをしています。

記憶に新しいのは、予備校御三家(駿台予備学校・河合塾・代々木ゼミナール(代ゼミ))の1つである代ゼミが、2014年8月に大規模な事業縮小に踏み切ると発表したことです。代ゼミの不振は、生徒数の減少という外部要因だけでなく、強みとしてきた私立大学の受験対策や大人数教室での講義が、現在の学習塾に対するニーズにマッチしていないからだともいわれています。

引用元:転換期を迎えた学習塾業界の動向

誰もが知る学習塾の大手が業績不振。

では個人経営の学習塾が猛威を奮っているのかというと、それも不正解。

実はシステム化に成功したフランチャイズ学習塾が非常に伸びてきているんです。

学習塾フランチャイズ市場規模推移

画像引用元:フランチャイズの窓口

フランチャイズの収益が伸びている理由

どうして学習塾市場においてフランチャイズばかりが伸びているかというと、変化しているニーズにマッチしたシステム開発に成功しているからに他なりません。

そのキーとなるのが「個別指導」

これまでは学習塾の指導方法は小中高のそれと同じで、大人数でのグループ講義でした。

しかし現在グループ講義の需要は減ってきていて「個人個人にマッチしたキメの細かい教育」を望む親御さんが増えてきています。

そこに一番対応できたのが、フランチャイズ学習塾というわけです。

フランチャイズ本部はIT導入をはじめ、個別指導に対応できる教材や教育システムの開発に力を入れ、現場では完成された教材やノウハウを手に生徒1人1人に目を向けた教育に専念できる。

こうした時代にマッチした教育方法が顧客(親御さんや生徒)にも評判が良いというわけです。

また、膨大な投資で完成された教材やノウハウがあるおかげで、低資金で開業できるということから、独立参入の敷居が低くなっているということも一因でしょう。

フランチャイズを利用すれば200~300万円の開業資金でも学習塾経営をスタートさせることができます。

今後もこの流れは続くのではないでしょうか。

ビジネスとしての学習塾経営

利益上昇中

未だ全国には多くの個人学習塾があり、本当に生徒に寄り添った素晴らしい先生たちが活躍しています。

しかし寝る間を惜しんで生徒のことを考える先生が優れた塾の先生でしょうか。

生徒のために1から10まで考え抜く塾が優れた塾なのでしょうか。

生徒の親御さんが学習塾に通わせる目的は「学力の向上」です。
ここに異議はないと思います。

つまり生徒の学力向上に応えることのできる塾が優れた塾なのです。

乱暴な言い方をすれば、塾にある全ては学力向上のためにあるのです。

そして勝ち抜く、選ばれる塾を経営するのであれば、この視点は外せません。

個人学習塾 VS フランチャイズ学習塾

熱意のある先生に私も学生の頃お世話になっていたので、そういった先生は大好きです。

でもそれは学校に求められるものであって、塾ではないんです。

またも乱暴な言い方で申し訳ないのですが、必死に教えてくれる先生の成績が上がらない授業よりも、マニュアルに沿って教えてくれる成績の上がる授業が、学習塾には求められているわけです。

  • マニュアル、教材、ノウハウを1人の先生が必死に考えて教えてくれる塾
  • 豊富な資本投資でプロによって完成された教材やカリキュラムで教えてくれる塾

どちらが学習塾のニーズを満たすことができるでしょう。

戦争漫画を読んだばかりなので、戦争に例えます。(ここは自己満ですw)

  • 士気が非常に高くストイックな兵士で構成された鍛えられた剣士部隊
  • サブマシンガンの操作を習った普通のサブマシンガン部隊。

どちらが勝つでしょう。(さすがにここまでの差はありませんが・・・)

”完成されたフランチャイズシステム”がどれほど優秀なのかイメージできるでしょう。

おそらく今後は個人で学習塾市場を勝ち抜くのは難しくなっていくのではないでしょうか。

先生ではなく経営者に

フランチャイズ学習塾の最大のメリットである「教材・ノウハウ」ですが、これがあれば学習塾を開業したからといって自分が先生になって教鞭を取る必要はありません。

各社、意識の高いアルバイトでも十分に授業できるだけのものを用意してくれています。

冒頭で話に出した年収1億円プレーヤーですが、実はこれをやっています。

フランチャイズに加盟し、先生ではなく経営をしているんです。

自らが教壇に立ったことは数回だけらしいです。

面接し、良い人材を確保し、それぞれに指示・目標を与え、環境を整え、給与を出す。

これが開業してからの経営者の仕事です。

もちろん生徒と直接接したいという方は、ご自身でも教壇に立って良いでしょう。

が、利益を最大化するというビジネス思考だと、それはデメリットになることの方が多いのではないでしょうか。

小学生・中学生・高校生向け学習塾開業方法

意思あるところに道は開ける

フランチャイズに加盟することを前提に考えると、実は開業方法は非常に簡単です。

各社フランチャイズ本部は、開業から運営までのノウハウを有していて全て教えてくれるから。

税務処理まで面倒を見てくれるところも珍しくありません。

なので小学生、中学生、高校生、ターゲットはどの生徒であれ、学習塾を始めるためにまずすべきこと以下3点でしょう。

  • 資金集め
  • フランチャイズ会社決定
  • フランチャイズ加盟

あとはノープランでも問題なく開業までできるはずです。

開業資金集め

もちろん現金で開業資金をお持ちの方はそれで問題ありません。

大多数のお持ちでない方は、借金をしなくてはいけません。

  1. 親・親戚・友人に借りる。
  2. 国庫(日本政策金融公庫)に借りる。
  3. 銀行に借りる。

上記はオススメ順です。

親・親戚・友人に借りる

まず親戚などに借りるのは、「万が一事業が失敗してもどうにかなる」と考える人もいるようですが、それでは親戚に対してあんまりです(笑)

私は親戚や血縁等に借りるメリットは、「無利息」ということと、「やる気になれる」ということだと考えています。

無利息に関しては説明はいらないでしょうが、やる気になれるというのは性格にもよるのかもしれませんので、ご自分の性格から判断してください。

私の体験談
20代の頃、すでに自営業をしていたのですが資金繰りに困って生活すらままならなくなったことがあります。

その時に兄にお金を貸してくれないか相談したことがあったのですが、まだ社会人2年目の兄は理由も聞かずにおそらく全財産であろう50万円を貸してくれました。

涙が出るほど嬉しかったですし、「少しでも早く一人前になってちゃんと返さないと!」という強い決意みたいなものが芽生えました。

国庫(日本政策金融公庫)に借りる

事業者を応援するための公的金融機関で、無担保・無保証人での融資にも応じてくれるのが国庫(日本政策金融公庫)です。

しかも利息も非常に安い。

もちろん審査基準に満たないと融資は出ません。

銀行に借りる

銀行でも融資の相談には持ってもらえます。

出来る限り担保や保証人を用意し、事業計画書も書いてから相談に望みましょう。

国庫に比べると利息は高くなります。

フランチャイズ会社決定

学習塾をフランチャイズ展開している会社はいくつもあります。

まずは代表的なフランチャイズ学習塾会社に資料を請求しましょう。

学習塾一括資料請求(無料)

この中からどの会社が良いのか、送られてきた資料や、担当者との話し合いを通じて選ぶことになります。

  • ネームバリュー
  • 開業資金
  • システム
  • 教材

などはしっかり吟味すべきところです。

ロイヤリティの額や有無を重視する方がいますが、私はこれはオススメしません。

ロイヤリティがないということは、いつ閉校もらってもFC本部には痛手はないということです。

フランチャイズ加盟

どの会社のフランチャイズにするか選択したなら、あとは加盟するだけです。

加盟後はFC本部からの指導やノウハウが提供されるので、それに従って開校を進めていきましょう。

FC本部の社員は何度も学習塾開業を手伝ってきている経験があります。

積極的にコンタクトを取り、わからないところはなんでも聞いていくと良いでしょう。

まとめ

◼ 学習塾市場は右肩上がりなので参入にはアリ。

◼ フランチャイズ学習塾のシェアは特に右肩上がり

◼ 学習塾・教員初心者でもフランチャイズを活用すれば問題ない。

◼ 開業資金は身内から借りるのがオススメ。

◼ 検討する際には、まずは各社の資料を請求して比較するところから。

◼ 素人考えよりも、まずは経験豊富なFC本部の社員からノウハウを学び取る。

フランチャイズ学習塾一括資料請求

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)